キャッチフレーズを考える - ネットビジネスの真実と嘘 稼げる情報を掴め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチフレーズを考える

 ・カッコいいキャッチフレーズや有名なキャッチフレーズを真似ても成功はしない
(専門のプロが書いたキャッチフレーズにズブの素人が挑んでも勝てるわけがない)

・何を伝えるのか、誰に伝えるのかを考えれば、売れるキャッチコピーが書ける

・「買う理由」を伝えて、行動を引き出すのがマーケティングの役割

・商品の長所・短所を一番知っているのは、購入してくださった顧客
(一度聞いてみるのが手っ取り早く商品を紹介しやすい)

・人が商品を買うときの理由には3点あり。健康・お金・SEXが関係している
(アフィリエイト商品を買うときの自分の理由を書けば、アフィリエイト商材を欲しい人にも伝わる)

・誰に売ればいいのかを考えれば、あとは何を売るか


最初にa8.net等で商品を検索して売る商品を決めていくとサイトが作りやすい。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://miraclemarin.blog.fc2.com/tb.php/37-9dfd59fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。